製品紹介

アストロン DS-W611

理学療法の新しい手法をご提案します

BNR(※)に優れたアストロンは、1MHz・3MHzともに偏りなく照射でき、
思いのまま自動的に切り替えながら主力することができます。

※BNRとは、超音波の平均強度(W/cm2)を表すBeam non-uniformity Ratioを示します。


ハンディプローブ

u_06_h

<ハンディプローブは、電気刺激と超音波が出力でき、コンビネーション治療にも対応します。ヘッドはさまざまな部位に対応できるサイズで、導子交換の手間を削減します。

マルチプローブ

u_06_m

マルチプローブは、最大5つ使用でき、患部に対して超音波を広範囲に固定した照射が可能です。出力パターンを選択することが可能で、固定した状態でも定在波の発生を抑えます。

インターバル詳細設定

hx606intervalインターバル動作における通電期間、休止期間、上昇期間、下降期間、上昇方法および下降方法を設定することができます。症状にあわせた設定で治療を行うことができます。

ハンマーレベル

ハンマーの強さを0から10の範囲で選択することができます。症状にあわせたハンマーレベルで治療を行うことができます。

極性切り替え

極性切換動作における極性切換時間を設定することができます。症状にあわせた設定で治療を行うことができます。

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP