製品紹介

オートヘルサー DZ-160M

長年にわたる研究の成果とノウハウを結集した
コストパフォーマンス抜群のベッド型マッサージ器

オートヘルサー「DZ-160M」は医療施設様の声を反映して生まれた、ベッド型ローリングマッサージ器。やさしいマッサージで筋肉の「こり」 をほぐし、血行を改善。さらに、適度な運動効果を与えることで、身体機能の回復もサポート。気持ちのいいマッサージで体を心地よく癒し、眠っていた元気を呼び覚ましてくれます。


新技術の採用による充実のマッサージ機能
新・速度制御技術を採用したバイブレータマッサージ機能
バイブレータが回転し、腰部、脚部を移動しながらマッサージを行います。回転速度や強弱の調節で「軽叩法」「揉法」などの多彩なマッサージが可能です。
img_dz160m_01

部位ごとの操作を可能にしたモミマッサージ機能
モミ専用ローラーが、肩から大腿部を移動しながらマッサージを行います。 部位ごとにローラーを回転させたり止めたりすることで、治療効果をアップ。また、新たに指圧効果も加わりました。
img_dz160m_02

快適な横揺れ機能「金魚運動」を搭載
自然で安全な横揺れ運動「金魚運動」が加わりました。 筋肉に適度な運動効果を与えることで、身体機能の回復をサポートします。
img_dz160m_03

オートバイブレータ機能
腰部、脚部を移動しながらマッサージを行う際、膝下部、大腿部、仙骨・尾骨部、腰部において、 部位に最適な治療動作、移動速度に自動的に切りかわるため、より気持よくなります。

インチング動作機能
モミマッサージ、バイブレータマッサージの効果を高めるため、治療部位ごとにインチング動作(繰り返し微小移動)が行われます。

マッサージ機構
キャンバスの下にある治療ローラー(モミ)、ヒータ板、バイブレータを搭載した台車が、 足部から頭部にかけ往復し、全身を治療します。プログラミングされたローラー動作により、各種マッサージ治療を行います。
img_dz160m_04


液晶パネルで簡単操作
img_dz160m_05 液晶パネルを操作するだけで、お時間をとらせることなく簡単に治療が始められますので、忙しい医療の現場に最適です。 治療方法にあわせ3つのモードが使用できます。

通常運転モード
あらかじめご用意しております10種類の治療メニューの中から、 最適なコースを選んで治療することができます。

ユーザープログラムモード
モミマッサージ、バイブレータマッサージの各種動作を自由に組み合わせ、 独自の治療メニューを5行程までプログラムすることができます。

手動運転モード
モミマッサージ、バイブレータマッサージの各種動作を単独で、 もしくは組み合わせてマニュアル操作ができます。タイマー設定も可能です。


水圧式に比べとっても手軽。その上、安心仕様だから使いやすい

安心で優しい低床型
どなたでも気軽にご利用いただけます

服を着たまま横になるだけで治療が行えますので、患者様に余計な負担をかけることなく、気軽にお使いいただけます。
また、お年寄りや障害のある方でも使いやすいよう、ベッド面を低く設計。全体にシンプルなデザインで、安全に配慮しています。

温熱装置搭載で快適な治療を
ベッド面をあたためることで冷たく不快な感触をなくしますので、快適な環境で治療を行うことができます。

設置するだけでOK
メンテナンスもラクラク

本体を置くスペースさえあれば、設置場所を選ばず使用することができます。 また、医療機関向けのヘビーデューティー仕様の上、アフターサービスも万全ですので、安心してご利用いただけます。

コストパフォーマンス抜群
医療の省力化をサポート

必要な機能を集約し、高品質を保ちつつ低価格を実現。 忙しい医療現場の優秀なアシスタントとして治療のお手伝いをします。


<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP