製品紹介

スーパートラック ST-2CL

1台で腰椎牽引も頸椎牽引も行える2wayタイプの自動間欠牽引装置
省スペースに貢献するだけでなく、スタッフの作業負担も軽減します

座ったまま腰椎牽引治療ができる装置として2004年に誕生し、2008年にグッドデザイン賞を受賞したスーパートラック。 今回、新たに頸椎牽引機能を搭載して、さらに進化しました。これまでトラックタイザーで蓄積してきた頸椎牽引の技術をスーパートラックに統合。座ったままのリラックスした姿勢で、腰椎と頸椎の牽引治療が行えます。


頸椎は別系統の機構で牽引。それぞれに最適な牽引力が得られ効率的に治療が行えます

img01_st2cl

腰椎と頸椎を別系統の力で牽引
ST-2CLは腰椎と頸椎の牽引動力を別系統としました。それぞれに独立した荷重センサを装備することで、腰椎、頸椎ともに正確な牽引力が得られます。また、ヒータを内蔵した頸椎パッドを標準装備しています。
img02_st2cl
リラックスした姿勢で頸椎を牽引
「治療であることを忘れさせるような環境をデザインで提供できている」とグッドデザイン賞で評価されたST-2Lの設計はそのまま踏襲。リラックスした姿勢で頸椎を牽引できるのはもちろん、患者様を視覚的なやさしさや安心感で包みます。
img03_st2cl
牽引ベルトセンサによる検知機能※
頸椎装具を装着した状態で腰椎牽引を行わないよう、検知機能を設けています。頸椎牽引ベルトが引き出されているとセンサがそれを感知し、腰椎牽引を抑止します。
※特許出願中
img04_st2cl


患者様のメリット

ST-2Lで好評の機能はそのまま継承(PAT.P)
img05_st2cl

オットマンによる理想の牽引姿勢※
オットマンを自動スライドさせることで、患者様の身長差に対応して適切な牽引姿勢を確保。科学に基づく理想的な角度で牽引します。オットマンは好みに応じてワンタッチで伸び縮みできます。 (※特許出願中)
img06_st2cl

治療手順を音声で案内
たとえば「座席が倒れます」など動作説明を音声で案内。初めての患者様も安心して治療を受けられます。また、治療中は「自然の音」で構成したリラクゼーションサウンドが流れ、不安を和らげます。


ホールド感を重視した腰部マット※
腰部のマットには、骨盤を包み込むようなイメージの深めの形状を採用。患者様の腰をゆったりとホールドします。また、マットにはヒータを内蔵しました。 ※特許 第4709527号
img09_st2cl

セッティングの負担を軽減
従来の水平ベッド型牽引装置はセッティングが4工程あるのに比べ、ST-2CLはわずか2工程。医療スタッフの負担を軽減し、作業効率を高めます。
img07_st2cl

独自のオートスイングアーム機構※
ミナト医科学独自のスイングアーム機構により、治療開始時にはアームが体格に応じて、自動的に装着され、終了時には自動的に外れます。(対応身長:約140 ~185cm)※特許 第4709527号


自動巻き取りベルトで簡単装着※
金具をバックルに装着すればベルトを自動的に巻き上げます。強度は3 段階選択でき、締め付けと牽引が連動することで過度な圧迫を避け、快適な治療が行えます。 ※特許出願中
img08_st2cl


医療スタッフのメリット
治療姿勢を保つ足部ホールド機能※
空気のソフトな圧力で足を包み込み、安定した治療姿勢を保ちます。センサによる制御で足の太さに対応した一定の圧力でホールドし、強度は3段階に調節可能。牽引動作と連動したリラクゼーション環境も期待できます。
img10_st2cl

乗り降りしやすい座面設定
低く設定した座面とオットマンによる自動短縮により、身長の低い方でも楽に乗り降りできます。


見やすい操作パネル
操作パネルは見やすい大型デジタル表示。必要な数値が一目で確認できます。キーも各表示窓に合わせて独立しているため、設定が容易です。
img11_st2cl

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP