製品紹介

スーパートラック ST-2L

「スーパートラック ST-1L」に新機能追加
患者さんへの思いやり、医療スタッフの手間を大幅軽減で人にやさしい高機能を実現

椅子にすわる姿勢でそのまま牽引。

腰痛の患者さんが仰臥位の姿勢をとるのはつらい・・・
もっと簡単に装具類のセッティングが出来ないかしら・・・

そんなさまざまな現場の声を反映したのが、椅子にすわった姿勢のままで、牽引治療ができる「スーパートラックST-2L」。理想的な牽引治療の姿勢を自動的にセットし、効果的な治療を実現します。さらに治療開始までのセッティングは、わずか2工程。「スーパートラックST-2L」は、患者さんのために、そしてスタッフのために、さらに進化した牽引装置です。


最適な治療効果のために
img1_st2l 牽引療法と牽引時の姿勢
牽引療法は腰椎牽引(骨盤牽引)と頸椎牽引とがあります。 本療法による期待される効果は、牽引部位の筋スパズムの改善や間欠牽引によるマッサージ効果、椎間開大の手助けをして圧迫神経への影響をやわらげるなどが考えられています。 腰椎牽引では、治療に際しては腰臀部の筋をリラックスさせ、股関節と膝関節とを十分に屈曲させる前屈位姿勢で牽引することが望ましいとされています。 「スーパートラックST-2L」では、治療に適した姿勢が容易に得られる座部形状を採用し、牽引療法を効果的に行えるよう工夫しました。

牽引姿勢にこだわる3つの進化
自動スライドオットマンによる理想の牽引角度
姿勢をさらに科学することで、より理想的な牽引姿勢を実現。オットマンを自動でスライドさせることで、身長差のある多くの患者さんでも一定の姿勢で治療できます。またオットマンはお好みに応じてワンタッチで伸び縮みさせることも可能です。
img2_st2l
安定した姿勢を保つ、足部ホールド機能
ソフトな空気の力で足を包み込み、ホールド感をさらにサポートします。圧力センサによる制御で、足の太さに関係なく一定の圧力でホールドでき、ホールド強度は3段階で調節可能。牽引動作と連動し、リラクゼーション効果も期待できます。
img3_st2l
ホールド感を重視した腰部マット
腰部マットは、骨盤を包むようなイメージの深めの形状を採用しました。また、腰部マットにヒータを内蔵し、快適に治療できます。
img4_st2l


患者様のメリット

椅子にすわる姿勢そのままで治療開始(PAT.P)
img_st2l_02


自動的に脇アームを脱着するオートスイングアーム機構
ミナト独自のスイングアーム機構(PAT)で、アームが治療開始時には自動的に装着され、治療終了時には自動的に外れるオートスイングアーム(PAT.P)を採用。(対応身長:約140~約185cm)


治療の手順を音声で案内
「座席が倒れます」等の動作説明を音声で案内します。初めて治療を行う患者さんも安心して治療が受けられます。また、治療中はリラクゼーションサウンドがながれ、治療の不安を和らげます。


乗り降りのしやすい座面高さ設定
座面の低床化と、オットマンの自動短縮により、身長の低い方でも乗り降りが容易に行えます。



医療スタッフのメリット

セッティングの大幅な軽減
従来の水平ベッド型牽引装置に較べ、わずか2行程でセット完了。忙しい医療スタッフの作業時間短縮に貢献。

img_st2l_03


ベルト自動巻き取りでセッティング作業をさらに軽減

ベルト装着はベルト金具をバックルに、はめ込むだけ。治療姿勢になると、自動巻き取りシステムが自動的にベルトを巻き上げ、締め付け強度を最適化します。締め付け強度は3段階で調節可能。さらに、締め付けを牽引パターンに連動させることで過度な圧迫を避け、快適な治療が行えます。 img_st2l_04

見やすく扱いやすい大型表示の操作パネル

大型デジタル表示で見やすくなった操作パネル。牽引力や各種設定値など、必要な項目をひと目で確認できます。設定キーも各表示窓に合わせて独立していますので設定や確認も容易。さらに操作パネルのスタンド位置も高くし、操作性が向上しました。 img_st2l_05

事故を防ぐ安全装置
治療終了後、シートが起立中に椅子の下側に間違って人が侵入しても、センサが検知。人の挟み込みを未然に防止することができます。

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP