製品紹介

マイクロタイザー MT-5

マイクロタイザーMT-5の特徴、それは自在に可動するフリーアームと、新発想の接触型アプリケーター。これらにより、簡単操作であらゆる治療部位へ柔軟にフィットするとともに、不要放射の低減による優れたエネルギー効率を実現。新しい治療スタイルを提案します。

独自のアーム機構

ワンアクションでセッティング

従来のマイクロ波治療器はアームの長さと角度を調節しながら患部にセットしていましたが、マイクロタイザー MT-5はミナト医科学が独自に設計したアーム機構を搭載。長さや角度を調整する必要がなく、ワンアクションでアプリケーターをセットできます。肩、腰、膝、足首などあらゆる治療部位に柔軟にフィットします。

MT5-002MT5-003MT5-004

動作半径が小さく省スペース

フリーアームは従来型のアームに比べて動作半径が小さいため、治療スペースにゆとりが生まれるなど院内の省スペース化を実現します。

接触型アプリケーター(特許出願中)

接触させることで確実に患部を照射

MT-5の新型アプリケーターはアンテナ方式を改良し、接触しての照射を可能にしました。より確実に患部を照射することができます。

効率的な照射で省エネを実現

接触型アプリケーターは患部にポイントを絞って照射できます。効率的に治療できるだけでなく、不要放射が少ないためエネルギー効率が高く、節電にも貢献します。

患者様にもオペレーターにも優しい機能が充実

治療状態がひと目で分かるインジケーターとディスプレイ

接触型アプリケーターの背面にも、治療状態がひと目で分かるようインジケーターを設けました。また、操作パネルにはLEDによる視認性の高いディスプレイを搭載し、治療チャンネルがひと目で分かります。

MT5-025

加温能力を活かすマイルドモードを追加

従来器の「連続モード」「間欠モード」「3Dモード」に加えて、「マイルドモード(特許申請中)」を搭載。密着型アプリケーターならではの高効率の加温能力を活かし、体感温度は維持しながら徐々に出力を下げて、5分後には1/2まで低減します。

治療部位に応じて選べるアプリケーター

アプリケーターはスポットタイプとワイドタイプ、そしたソファタイプの3種類を用意。治療の部位や方法に合わせて選ぶことで効率的な治療を省エネを実現します。

不要放射を大幅に低減

 従来の非接触型アプリケーターは、マイクロ波が患部以外の空間にも拡散するため、他の患者様やオペレーターにも及ぶだけでなく、周辺の治療機器やパソコンにも干渉します。本器の接触型アプリケーターやソファ型アプリケーターは、こうした不要放射を大幅に低減します。

 

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP