製品紹介

ASTEO アステオ

アステオは、炎症緩和・疼痛緩和・機能回復・ADL訓練までを担う電気刺激治療器です。

治癒形態に合わせた3タイプの本体を選択できます。
SSP療法を中心に行うSタイプ
MF、HV、MC、MCCが出力可能なパネルを片側に装着したHタイプ
MF、HV、MC、MCCが出力可能なパネルを両側に装着したFタイプ

 

Sタイプ SSP療法器の継承と進化

アステオ1

 患者さまとより密接な関係を築くことが、これからの医療で必要とされています。来院される患者さまの多くは「痛み」を持ち、「痛みのケア」は新たにキーワードとなります。アステオは「痛みの治療器」として誕生したSSP療法器を大きく進化させた治療器です。
MF多段波形とスウィープ通電の採用で、より高い鎮痛効果が期待できます。また導子の改良と視認性に優れたモニターにより、導子の取り扱いが楽になり、誤操作を防ぎます。今まで以上に使いやすく充実した機能を実感していただけます。

 

Hタイプ Fタイプ 新たな複合器への転換

%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%aa2

 

医療環境が目まぐるしく変化する中、よりスピーディーで質の高い治療が求められています。痛みの治療に限らず、創傷治癒、機能回復、日常生活への復帰まで電気刺激治療器の持つ役割は増えてきています。
アステオH/FタイプはSSP療法以外に中周波電気刺激療法(MF)、高電圧電気刺激療法(HV)、微弱電流療法(MC)、全身調整微弱療法(MCC)を搭載して幅広い治療が可能になりました。またプロフェッショナル仕様でありながら今まで以上に使いやすく充実した機能を実感していただけます。

※MF、HV、MC、MCCを行うための導子セットはオプションとなります。

 

アステオで使用できる多彩なモード

図1 パワポイント 

  図2 パワポイント
 
SSP電極のカタチ    Pulse Stimulation (パルス波刺激療法) 

先端部が皮膚に密着する際に圧力が集中し、皮膚の角質層は薄く引き伸ばされ、先端部の電気的抵抗は低くなります。その結果、先端部に電流が集中するため、治療点への高密度な通電が可能となります。

 パルス幅150㎲の双方向性対称波を用いて神経刺激による鎮痛効果が得られます。
 
 MF(中周波電気刺激療法) 
 2,500Hz~16,000Hzの中周波を用いて、100%・50%・バーストの3種類の正弦変調波による電気刺激で筋ポンプ作用などによる血行改善・発痛物質の除去等を効果的に行います。
 
      
・MF多段波形    
SSP治療モードに新波形「MF多段波形」を採用 
新波形は従来波形に100,000Hzの中周波を重畳させることにより20%の電流量アップ、また、到達深度は約2倍にアップしました。  図3 パワポイント
 
 MC治療モード  MCC治療モード
      早期からの治療促進に 全身コンディショニングに
・デュアル通電    生体内に微弱な電流を通電させ、組織損傷の治癒促進や、細胞レベルでの代謝の活性化を促します。神経や筋を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減や炎症の抑制などに期待できます  MCC療法とは、全身調整微弱療法のことで、上下肢の4点から微弱電流を流すことでホメオスタシス(生体恒常性)を調整し、全身の細胞の活性化を促す新しい療法です。通常の電気刺激療法の後療法として活用していただくとより一層の効果が期待できます。            
鎮痛の即効性と持続性を同時に作用させるためにチャンネル毎に高頻度刺激、低頻度刺激の設定が可能です。治療ポイントは高頻度刺激は局所(痛みのある箇所)、低頻度刺激は遠隔点(合谷、手三里など)に置きます。   
   
   
   
        
        
        
          
 図4 パワポイント  パワポイント 図5
 
高電圧で筋の再教育などに   最大16,000Hzの中周波のちから 
最大500Vの高電圧の電気刺激をツインピーク波形で瞬間的に加える高電圧電気刺激療法は、皮膚インピーダンスの影響を受けにくく、電気刺激を深部組織まで到達させることができます。そのため、疼痛の軽減や血流量の増大、皮膚潰瘍の治癒促進などに利用されます。NMESモードの設定もできます。 2,500Hz~16,000Hzの中周波を用いて、100%・50%・バーストの3種類の正弦変調波による電気刺激で筋ポンプ作用などによる血行改善・発痛物質の除去などを効果的に行う中周波電気刺激療法です。治療器本体内で変調波に合成し干渉波と似た刺激電流を得られ、2つの電極だけで治療ができ、肩や肘などの部位でも楽に導子が装着できます。NMESモードの設定もできます。
 
 
 
 
 
 
  

 

SSP複合治療器は急性期から慢性期までのあらゆるシチュエーションで治療を行うことが可能です。

●SSP療法単独の治療 ●SSP+HV(高電圧電気刺激療法)の治療
圧痛点、遠隔点を同時に刺激できるデュアル通電 圧痛点にはSSP療法を行いながら鎮痛作用を促し、痛みが原因で硬くなった筋肉や腱にHVで電気刺激を行い血行促進を促します。
圧痛点には即効性のある高頻度帯と遠隔点には持続効果のある低頻度帯を使用します。 
 
 

アステオ モデル②

  

アステオモデル④

●HV+MF(中周波電気刺激療法)の治療 ●SSP療法+MC(微弱電流療法)の治療
筋緊張緩和にはMFモードによる血行促進の改善を行い、同時にHVによる深部への集中した電気刺激により効果的に疼痛緩和が行えます。 急性期の損傷部位には、疼痛緩和、創傷治癒の効果が期待できるMCと、SSP療法の遠隔点による全身に対する疼痛緩和を行います。
 
 
 

アステオ モデル①

  

 

使いやすさに重点を置いた7つの特徴

図1A 図3A
出力ボリュームを横一列に配置することにより直観的な操作が可能になりました。高輝度モニターは電流レベルメータなどの視認性にも優れ誤動作を防ぎます。 各チャンネルに対して出力可能な治療モードを設定できユーザープログラムとしてワンタッチで呼び出せます。
図6A 図5A
従来はソフト吸引カップSSの使用しかできませんでしたが、アステオはSSPとHV/MFポンプを別々に設けることでソフト吸引カップSとフラットカップが使用できるようになりました。 

コードとカップ間のスペースを設けて、ひっかかりをなくしてほどけやすくしました。

図4A 図2A
SSP吸着SPLホースコードNの取扱いは前方から、その他の導子は左右後方からのアプローチにより取り出しやすく、収納しやすく、コード同士の絡まりを低減しました。 出力ボリュームと極性切替スイッチをプローブ本体に設けることで片手で操作ができ、徒手療法を行いながら治療ができます。
図7A  
各治療モードに対応した治療ポイント、疼痛緩和や関節可動域改善などに最適な治療プロトコルなどを掲載した、クリニカルガイダンスを搭載しました。治療ポイントなど、写真とテキストを織り交ぜわかりやすく表示することで速やかなセッティングが可能になりました。

 

 

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP