製品紹介

ES-5000

ES5000+吸引装置



















【治療例】

3Dプローブ

ハンディプローブ6極吸引導子低周波パルス

 

 

多彩な機能で、症状に合わせた最適な治療が行えます。

3Dと2Dの治療モードを同時に使用可能

3Dの「立体動態波モード」「3D MENSモード」「3D EMSモード」と2Dの「Hi-Voltageモード」「EMSモード」
「MCRモード」を2つのチャンネルで同時に使用することができます。それぞれ独立して使用することで、異なる
部位へ症状に合わせた治療が行えます。

 

患者様の症状に合わせた細かなフェーズ設定

「立体動態波モード」「3D EMSモード」は3フェーズ+「3D MENSモード」の計4フェーズの設定が可能です。
ES-5000①



「Hi-Voltageモード」「EMSモード」は3フェーズ+「MCRモード」の計4フェーズの設定が可能です。
ES-5000②


 

大型カラー液晶+タッチパネル

角度を自由に調節できる大型カラー液晶とタッチパネルを搭載し、視認性と操作性を高めました。モードやプログラムの選択から細かな設定まで、タッチするだけで簡単、快適、スムーズに行えます。

es-5000⑤

 

 

≪3Dと2Dの治療モードを同時に使用可能≫

3次元の立体的な電気刺激で、生体深部への治療が可能

トリミング①立体的な電流のうねりが深部を刺激
立体動態波モード
【3D干渉電流刺激療法】

3対の異なる高い周波数の電流が生体内部で干渉し、立体的で複雑な電流のうねりを発生させます。6点の電極から流れる電流が3次元的に干渉することで、生体深部の筋や神経にも刺激を与えることができます。また、搬送周波数をスウィープさせることで表層部から深層部まで広範囲に治療が行えます。

トリミング②立体的な微弱電流で深部組織を刺激
3D MENSモード
【3D マイクロカレント療法】

微弱な電流を流すことで傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進するマイクロカレント療法を立体的に行います。立体動態波モードの1/ 1000という極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がなく、神経や筋を興奮させません。MCRモードよりも深い部位への治療が可能です。

トリミング③立体的なEMSが深部の筋を刺激
3D EMSモード
【3D神経筋電気刺激療法】

自分の意志とは関係なく不随意的な筋収縮を引き起こし、筋力を強化する神経筋電気刺激療法を立体的に行います。EMSモードよりも深い部位への治療が可能で、筋力低下の予防や筋萎縮の改善、筋力トレーニングなどにお使いいただけます。

ES-5000 ⑨回転モード
複雑な筋収縮を引き起こし、大腰筋などの深部の筋を刺激することが可能です。

 

3Dプローブ

ES-5000 ⑧

施術中に手元で出力のアップダウンが行え、スイッチ操作でタイマーと出力表示をすぐに確認することができます。
スイッチを押している間のみ通電する「モーメンタリ」と押すたびに通電/非通電が切り替わる「オルタネート」の選択も可能。電極の角度が変えられるので、治療ポイントに合わせて自由に通電距離を設定することができます。

 

6極吸引導子

ES-5000 ⑦

従来の3極吸引導子を6極にすることで、3Dの治療モードを2部位同時に使用することが可能です。
また、2Dの治療モードと併用して治療が行えます。

 

さらに効果を追求した波形と充実した機能を搭載。

トリミング④高電圧で深部組織を刺激
Hi-Voltageモード
【高電圧電気刺激療法】

単相性のツインピークパルス波形を用いることで、150V以上の高電圧での治療を可能とした療法です。極めて短い時間に連続した出力を行うことで、皮膚抵抗が低く抑えられ、電気刺激を深部組織まで到達させることができます。疼痛の緩解や可動域の改善などにお使いいただけます。

トリミング⑤筋収縮を引き起こし、筋力を強化
EMSモード
【神経筋電気刺激療法】

筋収縮を目的とした電気刺激療法です。自分の意志とは関係なく不随意的な筋収縮を引き起こし、筋力を強化します。筋力低下の予防や筋萎縮の改善、筋力トレーニングなど医療からスポーツの分野まで幅広くご活用いただけます。

トリミング⑥微弱電流で損傷の治療を促進
MCRモード
【マイクロカレント療法】

組織修復に重要な役割を果たしている損傷電流と同レベルの微弱な電流を流すことで、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進します。一般的に、最大電流が1mAを超えない極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がありません。神経や筋を興奮させないため、トレーニング後の筋のクールダウンやコンディショニングに最適です。

IMモード
皮膚抵抗の変化を見ながら治療が行えます。
ES-5000 ⑩

 

 

超音波治療器とのコンビネーション治療が可能
超音波治療器UST-770、US-711、US-731と接続することで電気刺激と超音波を組み合わせたコンビネーション治療が可能です。疾患部に対して2つの刺激を同時に与えることができます。
※Hi-Voltageモード及びMCRモードでの使用が可能です。
  UST-770    UST-711     UST-731
image_10 image_11 image_12

使用目的又は効果

 

ハンディプローブ
 ハンディ電極ローラータイプを新たに加え、6種類の電極がさまざまな治療部位に対応。施術中に手元で出力の切り替えが行え、「モーメンタリ」と「オルタネート」の選択も可能です。

 image_08  image_09
                                   ハンディ電極 ローラータイプ

 

治療の理解を深める情報表示画面
治療モードの説明や出力のイメージアニメーションを画面に表示することで、患者様の治療に対する理解を深めます。image_15 image_16
情報表示画面         出力中アニメーション画面

 

安全性に配慮した機能を搭載

「オープンエラー機能」や「停止ボタン」など、いつでも安心して治療が行えるように、安全性に配慮した機能を搭載しています。

 

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP