製品紹介

ES-530

立体動態波モードをはじめ、9種類の多彩な電気刺激モードを搭載
カラー液晶や新型導子で理想的な操作性を実現

立体動態波®モード、3DMENS®モードなど9種類の電気刺激モードを搭載。
新開発のマウス型導子や、3極スティック導子など豊富なアクセサリーも標準装備しました。
さらに、カラー液晶画面や音声ガイドといった機能も充実し、快適で簡単な操作性を実現。多彩で効果的な最新治療が、この1台で行えます。


治療の幅を広げる、9種類の電気刺激モード

立体動態波®モード[立体動態波®刺激療法]
3次元で干渉した中周波が患部を刺激。周波の浸透している範囲で電極間に刺激を与えることで、細胞面が刺激され鎮痛などの効果を発揮します。また、深部刺激に適しており、関節内への治療も行えます。さらに、TP NAVIによる簡単な切り替え操作で、体内深部から表面細胞へと刺激装置を移動させる治療が可能です。

3DMENS®モード[立体動態波®刺激療法・マイクロカレント療法]
立体動態波®モードの1/1,000の0~1,000μAという微弱な電流を流し、刺激を与えます。MCRモードを立体動態波®で行う世界で初めての伊藤超短波独自の治療モード。MCRモードより深い部位の治療が可能です。

Hi-Voltageモード[高電圧電気刺激療法]
高電圧の刺激が深部に浸透。疼痛の軽減や血流量増大、治癒促進などに利用できます。出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。

MCRモード[マイクロカレント療法]
μA(10-6A)という微弱な電流で、損傷の治癒を促進。スポーツ後の筋肉痛の軽減に適しています。また、感覚閾値下刺激で、顔面周辺や創部周辺への治療に最適です。出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。

4極干渉波モード[干渉電流刺激治療]
皮膚刺激が少なく、深部にまで効果を発揮。4つの電極で治療するため、肩全体など広い範囲の治療に適しています

2極干渉波モード[干渉電流刺激治療]
皮膚刺激が少なく、深部にまで効果を発揮。2つの電極で治療するため、腕などの局所の治療に適しています。

Pro-EMSモード[神経筋電気刺激療法]
筋収縮を引き起こし、筋力を強化。医療や健康科学、スポーツ科学の幅広い分野に利用されています。2チャンネル独立使用/並列使用/交互使用が可能です。

Russian-EMSモード[ロシアン筋刺激]
ロシアンカレントで筋肉を刺激。2チャンネル独立使用が可能です。

TENSモード[経皮的電気刺激療法]
電気刺激を加えて疼痛を抑制。コンスタント・スウィープ・バーストの3種類の刺激が選択可能です。


見やすく操作も簡単なカラー液晶

操作画面には6.5インチの大型カラー液晶ディスプレイを採用。各プログラムごとの設定や変更が、タッチパネルで簡単に行えます。また、電気の流れるイメージが動画で確認できるので、患者さんへの説明時などにも便利です

es530

操作性抜群のマウス型導子を装備

ボタンを押している間は電流が流れ、ボタンを離すと停止するため、電流の出力・停止の切り替えを頻繁に行うHi-Voltageモードの操作も簡単に行えます。また、本体のパネルを操作せずに、ダイヤルにより指1本で出力のアップダウンができます。

m-es530-mouse

簡単モードと標準モードから選べるプログラム
簡単モードでは、起動後にプログラムボタンを押して出力調節ボリュームを回すだけで開始することができます。標準モードでは、行ないたい治療モードの数値をセットしてから治療を開始できるため、より詳細にカスタマイズ可能です。

確実に操作できる音声ガイド
音声ガイドをONにすると、モード変更、プログラム変更、出力時などに、現在のモードや作動項目などを音声ガイドでお知らせします。また、治療モードごとに異なるメロディを設定できるので、電流の出力・停止の状態を音で判断可能です。

患部にやさしい電流ONの予告音
電流出力のON/OFFが設定できるモードでは、出力をはじめる前に予告音を鳴らすことができます。電流の状態が音で事前に分かるので、患者さんも安心して治療を受けられます。

超音波治療器とのコンビネーションが可能
超音波治療器US-750、US-730、US-710などと併用できるため、多彩な治療が可能です。超音波治療器の導子で、電流刺激と超音波治療を切り替えて行えます(立体動態波®モード時を除く)。

各チャンネルの独立使用が可能
1チャンネルと2チャンネルをそれぞれ独立して使用することが可能です。ふたつの部位の治療を異なったモードで同時に使えます(4極干渉波モードを除く)。

吸引装置との組み合わせで、幅広い治療が可能
オプションの吸引装置には、連続/間欠(FAST)/間欠(SLOW)の3種類の吸引モードを搭載。使用目的に応じて選択できます。さらに、ベストビュースタンド(オプション)を使えば、本体を25°の角度に傾斜させた状態で設置できるので、座ったままでも画面を楽に見ることができます。

吸引装置との組み合わせで、幅広い治療が可能

オプションの吸引装置には、連続/間欠(FAST)/間欠(SLOW)の3種類の吸引モードを搭載。使用目的に応じて選択できます。さらに、ベストビュースタンド(オプション)を使えば、本体を25°の角度に傾斜させた状態で設置できるので、座ったままでも画面を楽に見ることができます。

m-es530-absorb

安全機能も充実
安全面にも配慮し、作動状況の自己診断機能、オープンエラー機能、緊急停止ボタン機能などを搭載しています。


<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP