製品紹介

IFCアルファ1

優しさと使いやすさへのこだわり

小型IFC治療器IFCアルファ1は、「使用者にとって使いやすいデザイン」「患者さまにとって安らぎのあるデザイン」を目指し、新しく生まれました。治療前に必要となる患者さまへの清拭や電極装着、また、治療終了後に必要となる電極コードの収納。これらに手間がかからないよう専用架台を開発し、本体と架台との一体感を実現しました。軽快感のある形状を白色で統一し、リハビリテーション室や病棟などの環境にも調和しやすいことも配慮しました。

急性期リハから訪問リハまで

急性期リハ(ベッドサイドリハ)においては、発症後できる限り早くリハビリテーションを行うことが必要と言われています。坐位から歩行へと続くリハビリテーションの流れの中で、IFCアルファ1による疼痛緩和・筋委縮の改善は、自然治癒力を引き出し、より効果的なリハビリテーションを行うために必要です。建物内にあるリハビリテーション室や病棟への移動は専用架台を使用します。ハンドリング性能の向上と、機器・架台の軽量化によりスムーズな移動ができます。訪問リハなどで、在宅にて患者さまに治療を行う場合は、キャリングケースでIFCアルファ1本体を持ち出すことができます。IFCアルファ1は吸引ポンプを内蔵しているため、病院・診療所と同じ使用方法で在宅でも治療を行うことができます。

 

10,000Hzの搬送周波数と70mAの高出力電流が、やわらかさと、力強さの相反する2つの刺激感を体に与えます。各治療モードにおいて、より高い治療効果を発揮します。

CIモード:コンバインドIFCの略です。IFCとIFCWを交互に治療することで、干渉電流が深部まで働きかけ、揉みほぐしながら移動していく感覚です。心地よい刺激が包み込みます。干渉電流型低周波治療のエッセンスを組み込んだモードです。

CMモード:コンバインド・モジュレーションの略です。2種類の異なるモジュレーション波形を極間交互に刺激します。筋を揉みほぐしながら、叩く感覚です。比較的刺激になれた患者さまに効果的です。

NMモード:ノーマルモードの略です。ネメック博士による伝統的な干渉モードです。移動感のあるIFCWや筋力増強を目的とした漸増、漸減出力が可能なNMESで治療することができます。

カスタム:先生方が設定を変更できるモードです。5種類まで記憶することが可能です。今までの治療形態を踏襲したり、新たな治療周波数のパターンを作成することも可能で、治療のバリエーションが広がります。

 

10,000Hzの搬送周波数と70mAの高出力電流

更なる治療効果と刺激感の向上を目指すため、干渉電流型低周波治療器としては初めて10,000Hzの搬送周波数と70mAの高出力電流を実現しました。10,000Hzの搬送周波数とすることで、皮膚抵抗を少なくし、心地よく、やわらかい刺激を与えることができ、70mAの高出力電流は、力強さも与えることができます。

タッチパネル対応LCD画面/治療部位別のプログラム作成

タッチパネルの採用で、初めての人でもわかりやすい、直感的な操作も可能な画面となっています。治療ガイダンスは、治療部位に応じた治療ポイントが表示されます。肩・腰・膝などの治療部位ごとのプログラムを搭載しました。患者さまの治療内容に応じたプログラム選択が行いやすいように配慮しました。

テクノゲル粘着パッドによる筋再教育

吸引カップの装着が難しい部位や、筋収縮が伴うNMESモード使用した筋再教育時に利用します。急性期リハや訪問リハ時の自動運動ができない患者さまにも効果的な治療を行うことができます。

コードハンガー(PAT)とフロントボックス

電極コードとともに改良が行われたコードハンガー(導子掛け)。軽快感のある形状で安心感のある優しいデザインで高いユーザビリティーを実現しました。さまざまな治療場面を配慮し、綿を捨てたり、ティッシュを収納するスペースを確保しました。

ポンピング機能

セダンテ ミリア、セダンテ ラディアで好評を得た、電磁式ポンピング機能がユーザーのニーズに応えるために復活しました。ポンピングによる拍動は、機械的刺激の他、それに伴う電流値の強弱も得られ、より良い刺激感も得ることができます。

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP