製品紹介

ソーマダイン アクシー

微弱電流治療器「ソーマダイン」とは

人間の細胞内のエネルギー源のほとんどは、アデノシン三燐酸(ATP)という物質によって供給されています。例えば、人は一日に体重と同じ量のアデノシン三燐酸(ATP)を合成し、消費しています。
何らかの原因で細胞が損傷を受ける(怪我をする)と、その部分の組織からのアデノシン三燐酸(ATP)の要求度が急激に高まり、生成が追いつかない不足した状態になってしまいます。生体の細胞組織が損傷した状態です(細胞が壊死し腫れや炎症を発症)。そうすると人間の体は自然治癒能力が働き、正常組織から微弱な電流が流れ自己修復していきます。その微弱な電流を「ソーマダイン」は人工的に作りだします。
「ソーマダイン」微弱電流は特殊な交流の脈波(周波数変調多重周波)でアデノシン三燐酸(ATP)合成、アミノ酸輸送及び蛋白質合成の増大をもたらすイオンチャンネル電流を増大させ、損傷部分の治癒を促す電流の作用をずっと効果的にします。

ソーマダインの特徴

微弱電流は血液を介して全身に流れていきますので治療している部分の毛細血管の流れがよくなり赤みを帯びてくるのがすぐに分かります。細胞組織の修復と共に、血液の流れがよくなることで損傷部分に発生している発痛物質が分解され痛みが緩和されるものと思われます。また「ソーマダイン」微弱電流を全身に通電することにより脳をストレスから解放することができます。 ストレスを感じている時の脳は13Hz以上のベータ波を出しています。安静状態では8~12Hzのアルファ波が主体となります。「ソーマダイン」微弱電流によって導き出された「超リラックス状態」では、脳がストレスから解放され、ベータ波、アルファ波が消えて、わずか4~8Hzのシータ波と4Hz以下のデルタ波が出ている状態となります。この時、大脳新皮質が安静状態となってエネルギーの消費が少なくなります。そして逆に脳の深い部分にある「生命中枢」の働きが活発になってくるのです。

体内の細胞のイオンバランスを整え、修復

ソーマダインの電気パルスは、ほとんど感じられないような微弱なものですが、フィードバック回路によって励起された全く新しいパターンとなっており、これによって生命エネルギーが高まり脳の生命中枢を活性化するのです。この作用は開発者のザニエル博士の「共鳴の場の理論」に基づいたシステムにより病的な場(細胞の電磁、重力、静電場のベクトル)を正常な場にすることで、脳波の安定や東洋医学でいう気の流れの促進化をも可能にしているのです。

ソーマダイン微弱電流は先生の手技を邪魔することなく治療の相乗効果を狙うことができます。治療の時に患者さま側からだけの意見にとらわれすぎると治療感覚が無いため判断が付かなくなる可能性があります。治療前と治療後の変化、および可動域の改善の確認をしてください。確認することによりご自分の治療、ソーマダイン治療の良さを患者さまに分かってもらうことができます。そうすることで患者さまに納得して帰っていただくことができ新患獲得及びリピート率は飛躍的に上がります。急性期の疾患にも対応できるので一度来院された患者さまは次もご自分の院に来ていただけます。いまの時代はいかに最短の時間で最小の力をもってして最大の効果をだすということが必要になっています。今までのやり方でいいのでしょうか?何か新たな治療を探してみませんか?

 

ソーマダイン20年以上の実績で培ったノウハウがここに凝縮
 全身通電及び吸着により簡単装着

全身の筋の弛緩や脳をストレスから解放させてる全身通電とポイントに簡単に効率よく通電できる吸着装置

心地よいマッサージ通電

新開発のMプローブと筋肉弛緩モード搭載により心地よい通電ができます

使用例

◎Y字プローブ  ◎吸着導子コード ◎シリコンパッド  ◎粘着電極    ◎全身通電

使用例Y型 使用例吸着 使用例パッド 使用例粘着 全身通電使用例

◎Mプローブ(マッサージ主体の先生におすすめ)

Mプローブ使用-腰 Mプローブ使用-肩

 バッテリー不要

通電の途中で切れたりすることもなく面倒な充電もありません

優れた機能と操作性

表示が見やすく、設定が容易なLCD画面

ジョグダイヤル(出力調整)は、使用方法により①出力調整②吸引力調整(10段階)③終了音量調整(10段階)④動作音量調整(10段階)の設定可能

安全性の配慮も万全

CPUの進化による、多彩なモードと治療プログラムを搭載

発症期、治療目的、治療部位に合わせたプログラムを搭載し、いろいろ症状に対応し幅広い治療が可能です

 

 

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP