製品紹介

SSPアルファ1

優しさと使いやすさへのこだわり

小型SSP治療器SSPアルファ1は、「使用者にとって使いやすいデザイン」「患者さまにとって 安らぎのあるデザイン」を目指し、新しく生まれました。治療前に必要となる患者さまへの清拭や電極装着、また、治療終了後に必要となる電極コードの収納。 これらに手間がかからないよう専用架台を開発し、本体と架台との一体感を実現しました。軽快感のある形状を白色で統一し、リハビリテーション室や病棟など の環境にも調和しやすいことも配慮しました。

急性期リハから訪問リハまで

急性期リハ(ベッドサイドリハ)においては、発症後できる限り早くリハビリテーションを行うことが必要と言われています。坐位から歩行へと続くリハビリテーションの流れの中で、SSPアルファ1による 疼痛緩和・筋委縮の改善は、自然治癒力を引き出し、より効果的なリハビリテーションを行うために必要です。建物内にあるリハビリテーション室や病棟への移動は専用架台を使用します。ハンドリング性能の向上と、機器・架台の軽量化によりスムーズな移動ができます。訪問リハなどで、在宅にて患者さまに治療を行 う場合は、キャリングケースでSSPアルファ1本体を持ち出すことができます。SSPアルファ1は吸引ポンプを内蔵しているため、病院・診療所と同じ使用方法で在宅でも治療を行うことができます。

 

 高密度電流を作り出すSSP療法

SSP(Silver Spike Point Therapy)

円錐形状の金属電極を用いた体表面刺激療法。1976年大坂医科大学麻酔科と日本メディックスの産学共同研究により生まれました。「刺さない鍼治療」と呼ばれ、発表以来38年余り数々の基礎研究と臨床研究が行われペインクリニック、リハビリテーションといった痛みの専門分野から内科、産婦人科、小児科、歯科などの幅広い分野に広がっています。さらに鍼治療の本場、中国、韓国にも認められSSP療法は、世界各国に輸出されています。

1/f ゆらぎを周波数に

「1/f ゆらぎ」は自然界の中で人類が数千年のあいだ接してきた“母なるリズム”であり、人間本来の機能を保つために最適なリズムなのです。そのリズムを治療周波数変化に使用しています。

デュアル通電機能(FGF/BGF)

多チャンネルで同時に異なる周波数帯を用いて通電することにより効果的な治療が行えます。

FGF:メイン治療周波数帯で、通常は鎮痛持続効果のある「低頻度周波数」に設定します。

BGF:サブ治療周波数帯で、通常は即時鎮痛効果のある「高頻度周波数」に設定します。

 

新治療モード スキャンモード搭載

CH3からCH6まで電気刺激を順次出力することにより、広範囲への治療を行うことが可能となりました。デュアル通電機能と組み合わせることにより、より効果的な治療が行えます。

タッチパネル対応LCD画面/治療ポイント表示

タッチパネルの採用で、初めての人でもわかりやすい、直感的な操作も可能な画面となっています。治療ガイダンスは、肩・腰・膝などの治療部位や、坐骨神経痛など、症例ごとの治療ポイントが表示されます。

SSP吸着SPLホースコード

電極コードの取扱いが頻繁な現場での悩みを解決するために、スプライン(SPL)ホースコードを開発しました。「絡みにくく、ほどけやすい」を目標に、形状・材質からこだわり、使いやすさを追い求め実現しました。

コードハンガー(PAT)とフロントボックス

電極コードとともに改良が行われたコードハンガー(導子掛け)。軽快感のある形状で安心感のある優しいデザインで高いユーザビリティーを実現しました。さまざまな治療場面を配慮し、綿を捨てたり、ティッシュを収納するスペースを確保しました。

ポンピング機能

セダンテ ミリア、セダンテ ラディアで好評を得た、電磁式ポンピング機能がユーザーのニーズに応えるために復活しました。ポンピングによる拍動は、機械的刺激の他、それに伴う電流値の強弱も得られ、より良い刺激感も得ることができます。

<<一覧へ戻る
▲ PAGETOP